【チケット】Ichi no Hito Vol.2〜それぞれの、well-being〜
5a0c04c192d75f33b20017b8 5a0c04c192d75f33b20017b8

【チケット】Ichi no Hito Vol.2〜それぞれの、well-being〜

3,500 JPY

About shipping cost

SOLD OUT

本イベントはチケットレスとなっております。 ご購入頂きましたら、当日受付にてお名前を教えて頂けば大丈夫です。 今年もやります!Ichi no Hito。 2018年のテーマは「それぞれの、well-being」 https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000001.000030255.html      1月11日の鏡開きの日に、新しい年を拓く、出会いの会。 ユニークでオルタナティブな生き方を選び、切り拓いていく人達をゲストにお呼びして、それぞれの生き方から、2018年をどう生きるか、みんなで考え、感じていければと思います。         初回の様子はこちら ↓ https://dotbuttoncompany.com/ichi1/         ■日時:2018年1月11日 (木) 19:30~22:00 (19:00開場)  19:30にはOPENINGスタートしますので、ぜひ間に合うようにお越しください。 ■ 会場:webmedia TABI LABO様オフィス BPM (東京都世田谷区池尻2丁目31−24 信田ビル2F) ※ 田園都市線池尻大橋駅南口出てすぐ左手のビルです。 ■ 会費:3,500円 美味しい軽食と、お酒・ソフトドリンクをご用意いたします。 ※ お手数ですが、こちらのFacebookイベントページで「参加予定」にクリックいただいたうえで、チケットページでの事前決済へご協力お願いいたします。 https://dotbuttonstore.com/items/5a0c04c192d75f33b20017b8 (席数に限りがあるため、ご希望の方はお早目にお申込みをお願いできますと幸いです) ■ イベント内容:  ① Ichi no Hitoトークセッション 「それぞれの生き方。それぞれの、これまでと2018年」  ② Ichi no Hito交流会(食事、飲み物のご提供) 「2018年の出逢い初め」  ③ Ichi no Hito LIVE ■ 主催:Ichi no Hito実行委員会(大塚智子・中屋祐輔・佐藤かつあき・藤原育菜) ■ 協賛:株式会社ニコシス様、Yuinchu.inc様、SYNC HAPPINESS様、熱海温泉旅館 法悦様、株式会社オールユアーズ様、Lunnyʼs Veggie様、Joe Ishiyama Plannning Office.Inc様、関尚美様(会場装飾) ■ 会場協力:TABI LABO様 ■ 共催:dot button company、一般社団法人Bridge Kumamoto ■出演者(トークゲスト): ▷脇 雅昭さん:「ものすごい情熱で全国の光を引き出す人」 1982年生まれ、宮崎県出身。2008年に総務省に入省。現在は神奈川県庁に出向し、市町村が抱える課題解決等に取り組む。 47都道府県の地方自治体職員と国家公務員が集まる「よんなな会」を主催。 民間企業の経営層はじめ国、自治体の公務員など「誰かのために何かできる」セクターを超えた仲間づくりを進めている。       ▷織田 友理子さん :「車椅子で世界と今を駆け巡る人」 遠位型ミオパチーにより、電動車椅子を利用する 中途障害者になる。国内外を車椅子で多数実地調査する傍ら、2020年パラリンピックに向けた地域活性の取り組みにも参画。 車椅子ウォーカー代表 / NPO法人PADM 遠位型ミオパチー患者会代表 / TREAT-NMD Patients Representative of Executive Committee執行役員会 患者代表 / 一級建築士事務所 大内環境デザイン研究室所属 https://www.oda-y.com/yurikooda ▷久志 尚太郎さん:「枠にはまらないcuriousityで道無き道を突き進む人」 株式会社TABI LABO 代表取締役 1984年生まれ、株式会社TABI LABO 代表取締役。中学卒業後、単身渡米。16歳の時に飛び級で高校を卒業後、起業。帰国後は19歳でDELLに入社、20歳で法人営業部のトップセールスマンに。21歳から23歳までの2年間は同社を退職し、世界25ヶ国をまわる。復職後は25歳でサービスセールス部門のマネージャーに就任。同社退職後、宮崎県でソーシャルビジネスに従事。2013年より東京に拠点を移し、2014年2月TABI LABO創業。クリエイティブディレクターとしてヤマハ発動機「サウナとトリシティでととのった」やUltra Japan「OFFICIAL AFTER MOVIE2016」を手掛ける。     1984年生まれ、株式会社TABI LABO 代表取締役。中学卒業後、単身渡米。16歳の時に飛び級で高校を卒業後、起業。帰国後は19歳でDELLに入社、20歳で法人営業部のトップセールスマンに。21歳から23歳までの2年間は同社を退職し、世界25ヶ国をまわる。復職後は25歳でサービスセールス部門のマネージャーに就任。同社退職後、宮崎県でソーシャルビジネスに従事。2013年より東京に拠点を移し、2014年2月TABI LABO創業。クリエイティブディレクターとしてヤマハ発動機「サウナとトリシティでととのった」やUltra Japan「OFFICIAL AFTER MOVIE2016」を手掛ける。 ▷木村 麻子さん:「伝統と現代の間を紡ぐ不易流行の人」 ㈳全日本伝統文化後継者育成支援協会代表理事  地域に根ざす”伝統文化”の価値や豊かさを次世代へ、そして世界へと伝え、文化の保護・進化・発展に寄与することを目的とし、現代に寄り添う新たな価値を創造する“モノづくり、コトづくり、人づくり”を行う。また、パリやドイツなどの海外公演や日本とモナコの友好10周年を記念した公式プロジェクト「グレースケリーの世紀のロイヤルウェディング」ドレス製作・総指揮を務め、モナコ大公宮殿に招聘されるなど国交事業にも携わる。2016年 皇室(宮家)から賜る民間最高褒賞「東久邇宮文化褒賞」を受賞 — 木村 麻子さんと一緒です。    ■出演者(LIVE PERFORMANCE) ▷澤田 響紀:「様々な世界で津軽三味線の音色を響かせる人」 澤田流名取 津軽三味線ましろの音杯優勝、2014年津軽三味線世界大会6位入賞など数々全国大会において優勝・入賞経験を持ち高い評価を得る。 若手実力派津軽三味線ユニット桃響futariを結成し、 オマーンの国交40周年記念式典など、これまでにアメリカ、フランス、ドイツ、アイルランドと様々な国や地域での演奏を経験。現在30人近い弟子を抱え、母校である早稲田大学の三味線愛好会の講師も務める。       【早稲田大学津軽三味線愛好会 三津巴(みつどもえ)さん】 津軽三味線世界大会優勝の津軽三味線サークル。週末には学内イベントをはじめ、老人ホームや障がい者施設、地域の祭りなどで演奏を行う。      ■フード提供 ▷LUNNY’S VEGGIE:「食べる人も地球にも笑顔を届けるケータリングチーム」 菜園料理家の藤田承紀と、愛情たっぷりのイラストを描くキャラクターアーティストのタロアウトによるコラボ レーションユニット。通称「ラニベジ」。環境省公認アンバサダーでも務め、全てのボーダーを越え、皆が一つの 食卓を囲める料理を。手に取った人が、家族のように迎え入れ、大切にしてくれるデザインを。その輪がどんどん 広がり、未来の笑顔に繋がる継続的な活動になるよう、日々奮闘中。       その他のゲストも随時updateしていきます。 どうぞお友達をお誘いあわせのうえ、お越しください。お会いできるのを楽しみにしています!